師岡絵美里 

EMIRI MOROKA

 

十代よりさまざまな舞踏を学び、米国留学にてジャズダンス・コンテンポラリー等を学ぶ。ダンサー、振付師として多くの舞台制作を手がけ、自身も出演を重ねる。二十代を通じて西アフリカの伝統舞踊に深く傾倒し渡航を重ねながらセネガル国立舞踊団等のトップダンサーらに師事。アフリカの伝統舞踊や精神文化を学ぶと同時に、自分自身のルーツである東洋人としての身体感覚の重要性に目覚め、アジアの精神の中から自然と生み出される動きを探求。舞踊経験を生かしたオリジナルの身体ムーブメントを追求し現在に至る。

ダンスと平行してヨーガの道を歩み2004年よりヨーガ指導。サンスクリットおよびヴェーダの思想を学びつつヨーガ哲学を解説。東京を拠点に海外リトリートなどで活動中。大手ヨガスタジオの人材育成トレーナーを経て、現在は東京都内各所で定期レッスン、ヨーガ集中講座などを開催中。

 

 

 

ホームページに来てくださってありがとうございます。

ダンスやヨーガにどっぷりと関わって、長い時間が経ちました。

いつでも今がスタートのような気がしつつ、自分自身の体験の中で豊穣する素晴らしきものを、世界に向かって開きつづけて行きたいなと思っています。それこそがダンスやヨーガに何かを返していける作業であり、そして関わってくださる皆さんにできる感謝と奉仕だと感じています。

一人では大きなことはできないけれど、仲間たちといっしょに何かハッピーでおもしろいことをたくさんたくさんやろうと思っています。