インド哲学勉強会(平日のんびりコース)

 

古代から中世にかけてのインドの思想や哲学を学びましょう。

1日を通じてテーマにじっくりと向かい合い、対話を通じて考察を深めていきます。

 

 

■2022年12月29日(木)

テーマ:聖なるもの・俗なるもの
インドの宗教における「聖」と「俗」とはどのようなものか。「聖」は普遍的に聖として認められるものなのか。
る時代において「俗」であったものは次の時代に「聖」へと代わり、「聖」であったものも「俗」の中に再吸収される。インド宗教史の流れの中で変遷する聖なるものと俗なるものを追いかけて、宗教や信仰という営みがいったい何を目指し、私たちの心がなにを望んでいるのかを探ります。
古代インドから中世まで、移り変わる宗教観の中の「聖」と「俗」を取り出し、その融合や分離といった人の心の動きを見つめてみることで、人間の潜在的な希求を照ら出してみます。そしてそれがどのように宗教性を帯び、信仰へとつながったのかを一緒に考えてみましょう。
たとえばこんなことも・・・
人はなぜ野次馬になってでも惨事の現場に群がるのか
生きている者の体と、死んだ者の体にどんな「違い」を見ているのか
平和な光景の描写より、悲惨な状況の描写に強く興味を惹かれるのはなぜ
訃報で知った人の事を、より詳しく知りたくなるのはどうしてか
このような心理も「聖」と「俗」の視点で見てみると、そこには二元的な発想を超えた「上位の心理」へと到達する「はしご」を発見できるでしょう。そんなこともお話しようと思います。

概要

インド哲学勉強会(平日のんびりコース)
■2022年12月29日(木)
受付10:30/開始11:00/終了18:00
■場所:「土偶の森」(埼玉県さいたま市・東武野田線岩槻駅からバスで10分ほど)
*場所の詳細はお申し込みの方にメールにてお知らせいたします。
*お車でのお越しをご希望の方はお申し込み時にお知らせください。
■定員8名
■参加料金
お一人:6500円(昼食付き)
■講師:師岡絵美里
■スケジュール
10:30受付開始
11:00-13:00 ①午前の講座と座談会
13:00-14:45 昼食と休憩
14:45-17:00 ②午後の講義と座談会 
17:15-18:00 ③ヨーガと瞑想
(*会場は20:00までオープンしています)
■内容
①インド哲学講座:その日のテーマの内容を講義致します。
②座談会:①の内容を踏まえて、感じたことなどを対話
③ヨーガと瞑想:初めての方でも行える簡単なヨーガで体をほぐした後、瞑想をします。
*①の講義は、後日参加者の皆様にアーカイブとして配布いたします。振り返りやその後の考察にお役立てください。
■持ち物
・飲み物(ペットボトルやマグなど蓋が閉まるタイプのものをご持参いただければ会場で補充もできます。)
・瞑想や軽めのヨーガができる楽な服装。締め付けの少ないなるべく楽な服装が望ましいです。着替えのスペースもございます。
*筆記用具、ヨガマットはこちらで用意致します。(ご自分のマットを使いたい方はお持ちください。)

 

講師

師岡絵美里

インド哲学・ヨーガ講師

まにぱどめヨーガアカデミー主宰

インドの古典的ヨガ哲学から身体行法までをホリスティックに紹介し、生きることの本質を考えるヨーガを提唱。



お申し込み

インド哲学勉強会(2022.12.29)

【同意事項】以下の同意事項にご確認のうえお申し込みください。

お申し込みをもって同意とみなします。

■キャンセルポリシー

(2022/12/29開催)

2022年12月22日までにご連絡:返金事務手数料500円を差し引かせていただいた金額を返金いたします。

2022年12月23日~12月26日までにご連絡:キャンセル料2000円を差し引いた金額をご返金いたします。

2022年12月27日0:00以降のキャンセルはご返金致しかねます。

¥6,500

  • 在庫あり

お問い合わせ

 ・お名前、メールアドレス、お問い合わせ内容をご記入のうえ送信してください。

 ・メールアドレスを正確にご記入ください。

 

24時間以内にご返信いたします。それ以降返信がない場合はお手数おかけいたしますが再度お問い合わせください。

 

メモ: * は入力必須項目です


主催:YOGA HERAT MATRIX

協力:イベントスペース「土偶の森」