師岡絵美里のYOGAティーチャーズトレーニング

「インストラクターのためのヨーガ哲学の伝え方」

オンライン集中コース(レベル1)

 

 ヨーガの精神性や哲学理論を「伝えられる先生」になりましょう。

このコースは、ヨーガ哲学の教えを「伝える」ために必要な要素を集中的に鍛錬し、獲得していただくオンラインコースです。

     

伝えるよろこび

自分のヨーガクラスやワークショップ、リトリートなどに集まる生徒さんに、

 

もっとヨーガの精神性や哲学を深くじっくりと伝えられたら・・・と思ったり、

 

その必要性を感じる場面はありませんか。

 

一般的に知られている浅い範囲(または部分的な)のヨーガの教えだけではなく

 

知識に裏ずけされた本格的なヨーガ哲学を伝えたい、

 

また自分自身の体験や心から感じることをヨーガ哲学とともに伝えたい、と思うことはありませんか。

 

ブログやSNS配信などでヨーガ哲学について触れたいけれど

 

言葉や表現の幅がもっとあったら、と思うことはありませんか。

 

 

ヨーガ哲学を伝えることは、身体的なヨーガのインストラクションができることとは別の次元でのトレーニングが必要です。

 

このコースでは、通常のティーチャーズトレーニングでは練習することができない「ヨーガ哲学を伝えること」に集中特化したトレーニングコースです。

 

ヨーガの知識を受け取ることにとどまらず、それを ”自分の口から人の心へ” 

 

伝え広げていくヨーガの先生になってください。

 


カリキュラム

 

<学習と実践の手順> 

 

①基本知識のインプット

講師オリジナルのテキストと音声ファイルでヨーガ哲学の各テーマを学びます。

伝統的な解釈やヨーガ解説本の解釈、そして講師・師岡絵美里の観点を簡潔に短く、初めて聞く人にもわかりやすい言葉でまとめたものを配布します。

テキストや音声ファイルの文言を自分で実際に声に出す練習を各自で行います。

 

②実修その1

上記①でインプットしたヨーガ哲学を、日常の中で自分なりに実践します。

実践のアドバイスが講師から提供されますのでそれを参考に、行動に反映させて体験を増やします。

 

 

③実修その2

上記②の自分で体験して感じたことを 、自分の言葉で話せるようにまとめ講師に提出(→講師がチェックして添削や補足をします)

 

*ヨーガの生徒さんや人に伝えることを前提にまとめるためのフォーマットが用意されているので文章を作るのが苦手な方も大丈夫!

 

 

④アウトプットの練習 

上記③で作成したレポートをもとに、講師と個別オンラインセッションで「伝える」練習をします。声に出してお話してみることがもっとも重要です。

 

*オンラインセッションはスカイプやライン通話など各自の使いやすいツールで行います。

一回のセッションは約30分です。

セッションの日時は、講師と受講者様で相談の上随時決定していきます。

 

 

⑤アウトプットの本番

練習した内容をご自身のヨーガクラスなどで実際の生徒さんや人にシェアをする。

 

 

 ↓↓↓

 

①〜⑤までの工程を約2週間かけて行い、各テーマを履修していきます。

 

===================

 

 

<レベル1のヨーガ哲学テーマ> 

 

以下の内容を伝え語ることができるようにサポートします。

また個人のリクエストも合わせて進めていきます。

 

▪️ヨーガスートラ(サーンキヤ哲学)より

・プラクリティの本質とグナ

 ヨーガの世界観・プラーナとはなにか

 

・サットヴァな生き方

 ヨーガにおける心とは・純粋であることの大切さ

 

・ラーガとドヴェーシャ

 好き嫌いがもたらす心の苦悩

 

・「ヨーガ八支則」の本来の意義

 

・ヤマ(禁戒)とは

 真理から遠ざかるあり方

 

・ニヤマ(勧戒)とは

 真理へと近づくあり方

 

・アーサナの精神的な意義

 

・心の浄化とヨーガの目的

 

 

 

▪️総合

・自分にとってのヨーガを見つける

・自己受容とヨーガ

 

 

 

<アドバンストレーニング>

伝えるうえでの重要なトレーニングとして以下の要素も練習内容に含まれます。

 

・客観性を高める

 聞く側を混乱させたり不要な勘違いさせないよう、伝統的な教えと自分の意見を混同しない話し方を練習します。

  

・質問に答えるトレーニング

 よくある質問や、自分では考えたこともなかったような質問に対して答えていく練習。

 

 

学習ツール

 

<配布資料>

2週間に一度メールにて配布いたします。

・講師オリジナルの「伝えるためのヨーガ哲学」テキスト

・オリジナル音声ファイル

 

▪️ご自身で用意していただく教材

ヨーガ・スートラ(使用する書籍はお申し込みの方に直接お伝えします。)

 

<オンラインセッション>

2週間に一度、講師と受講生の一対一のオンラインセッションを行います。

・スカイプやライン通話など各自の使いやすいツールを使用

・一回のセッションは約30分です。

・セッションの日時は、講師と受講者様で相談の上随時決定していきます。

 

<特典動画>  

講師からの講話

・「ヨーガを教えることの哲学」

・「ジャッジを恐れずに語ること」

 


概要

 

「インストラクターのためのヨーガ哲学の伝え方講座・オンライン集中コース」レベル1

 

<講師>

師岡絵美里

ヨーガ指導歴17年

インド思想、サンスクリット文法学、ヨーガ理論を学ぶ。都内ヨガスタジオにて講師および人材育成に従事

 

 

<受講対象者>

・ヨーガインストラクター歴:3年以上

・現在自分のヨーガのレッスンを持っている方、ないしは今後持つ予定のある方

・ヨーガ哲学知識:ヨーガ・スートラ(第1章と2章)は一通り読んでいる /「ヨーガの八支則」については学んだ経験がある

・ヨーガ哲学学習経験:スタジオでの研修、ティーチャーズトレーニングや集中講座などで、断片的ではあってもヨーガ哲学を学んだ

 

*上記条件に沿っていなくても、やる気や情熱のある方でしたら歓迎いたします。

受講条件についてご自身で判別しにくい場合はお気軽にお問い合わせください。 

 

*上記の経歴や知識がまだない方で、ヨーガ哲学を基礎から体系的に学びたいという方には・・・

こちら→「ヨーガ哲学理論と実践・六ヶ月集中コース」がおすすめです!!

 

 

<こんな方におすすめ>

・ヨーガ哲学の理解を深めそれを人に伝えていきたい

・自分自身の向上をはかりながら、ヨーガ哲学を人にシェアしたい

・ヨーガ哲学の基本知識はあるがアウトプットの経験が少ない

・精神的なことを人に話すことに慣れていきたい

・RYT取得コースやティーチャーズトレーニングに参加したがヨーガ哲学の時間が少なかった/ヨーガ哲学に特化してもっと学びたい

 ・遠方にお住まいの方や、小さなお子さんがいて講座に出向くことが難しいなど、自宅で履修できるスタイルをご希望の方

etc...

 

 

<受講日程>

第二期:2019年4月1日スタート(約5〜7ヶ月)

*終了時期は個人の履修ペースによります。最短で5ヶ月、ゆっくりめに進めて7ヶ月ほどでカリキュラム終了となります。

*スタート期日をずらしたい方はご相談ください。

 

<受講料>

通常価格75000円

59,000円

 

クレジット払いは即時決済、銀行振込の場合はお申し込みより3日(銀行営業日)以内にお振込ください

お支払い後の返金はいたしませんでのよくご検討の上お申し込みください。

 

残席4名(2019.3.7)

 

<修了証の発行>

全カリキュラム終了後に修了証を発行いたします。

 

講師コメント

講師・師岡絵美里より

 

インストラクターさんに”どうやったらそんな風にわかりやすくおもしろく哲学を伝えられるんですか?” という質問を受けることが時々あります(笑)。 「わかりやすい」かどうかはいろいろな見方があるの一概にそうですねとも言えないのですが、「おもしろく」は大事で、自分がまず「ヨーガ哲学おもしろい!」と感じている自分自身を信頼しているから、伝えられるのだと思います。「おもしろい」と言われるのは私にとって最大の褒め言葉です!

 

 

私の場合は、とにかく自分がヨーガの哲学が好きで好きで、おおいなる興味をもって日々それに接していることと、ヨーガ哲学に「いつも感動」しているので、心から話せるのだと思います。等身大の私で伝えられた時、聞いてくださった方々の中になにかしらの心の化学反応みたいなものが起こるのだと思います。それは恋が起こる瞬間に似ています。

 

実際のところ、ヨーガ講師がヨーガ哲学を「伝える」というのは「技術」だと言える部分も大きく、その技術とは、まずは「それについて自分でよく考えることができる」という基礎的能力と経験が必要です。書物や自分の先生から受け取ったヨーガの知識を、自分自身でどのように「考える」ことができるか。その考えるプロセスは伝えるうえでもっとも重要な要素のひとつになると思っています。

 

そしてさらに大事な技術は、言葉の選別ですね。伝えるには言葉が必要です。基本的なボキャブラリーを増やす努力も必要なのですが、もっと大事なのは、伝える際に自分の心を開いていることで、心を開くと「人に伝わる言葉」が無理なく使えるようになると思います。

 

技術ではあってもこれはマニュアルのある道筋ではなく、ひとりの人間としての生身の自分を見つめて、素直でいるという鍛錬だと感じます。

知識を得て洞察を深め、時には間違えたり勘違いしたりすることもあり、またそれを反復学習と人生経験によって修正され、だんだんと自分のものになっていく中で、「伝えること」へのセンス(感性)が高まっていきます。

 

地道な作業と時間が必要なものではあるのですが、私のここまでの道のりやインストラクターさんへの指導経験の中で、ここは遠回りしないで確実なところを踏んでおいたほうがいい、という必要な山やコツのようなものもたくさん見つけました。ポイントをおさえて進んでいけるように伝えていきます。

 

 

コースの学習と実践を通じて、まず自分自身のことがよく理解できるようになってくると同時に、日々の心のあり方もとても楽になると思います。

その精神的な余裕が、先生としてのあなたの自然な輝きになるはず。

 

 

 スタジオのドアを閉めて “始めましょうナマステ” と挨拶をしたらそこはもう聖域

 

ヨーガのクラスというのは、社会的関係性や立場を超えた心のセッションが起こる聖域です。その聖域を支えるのはヨーガの精神性ですね。伝えることで強くなり、そして守られます。

  

 

ぜひいっしょに学んでいきましょう。

読んでくださりありがとうございます。

師岡絵美里

 


お申し込み

以下のカートよりお申し込み手続きにお進みください。

 

<ご同意事項・キャンセルについて>

お申し込み後のキャンセル不可となりますことをご了承ください。次回参加可能な講座への振替は可能です。

  

 *領収書が必要な方は、申し込み時に備考欄にお書きいただくか、お申し込み後のご案内メールにその旨をご返信ください。お支払いいただいた日付と、但し書きは「ヨーガ講座受講料」となります。宛名をご指定ください。

 

お申し込みに際してご質問などありましたら、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

師岡絵美里のYOGAティーチャーズトレーニング「インストラクターのためのヨーガ哲学の伝え方」4月スタート(オンライン・レベル1)

通常価格75000円

割引:59,000円

 (5月スタート)残席2です。お早めにお申し込みください。

 

・クレジット払いは即時決済、銀行振込の場合はお申し込みより3日(銀行営業日)以内にお振込ください

・お支払い後の返金はいたしませんでのよくご検討の上お申し込みください。

 

 

¥75,000

¥59,000

  • 残りわずか

お問い合わせ

メールアドレスの記載に間違いがないようにご注意ください。

メモ: * は入力必須項目です