人数限定モニター募集

「はじめての英語ヨガティーチング・超入門コース」

オンライン&対面セッション講座

このコースは、英語学習初歩の方や英語を使うことが苦手が方向けの、英語でヨガを提供できるようになるためのコースです。

 

日本でヨガを教えていてもだんだんと英語が必要な場面や、少しでも英語が使えたら円滑かつ進む場面が日に日に増えているかと思います。渡航先や、海外からの先生のヨガクラスを受講する機会も増えてきているかと思います。

 

国内であっても英語の必要性はあがっていますが、苦手な人やこれからやりたいと思っている人にとっては何から手をつけていいのかわからないことで、つい先延ばしになってしまいがちかもしれません。

このコースではそういった方の助けとなれるよう、ヨガのティーチングで使われるシンプルな英語表現を繰り返し練習することで、基本的なヨガクラスを英語で提供できるように練習していきます。

   

語学学習というのは果てしないものなので、遠い先を見ると気持ちが萎えてしまったりするかと思いますが、まず一番の初歩を押さえよう!というところに気持ちをおいて第一歩を踏み出してもらえたらと思います。

ご参加のみなさんに寄り添って進めていけるようお届けいたします。

 

 

 

<モニター募集のお知らせ>

今回の募集は初開催のため、人数限定のモニター募集とさせていただきます。

通常価格よりも大幅に割引させていただきますので、ご意見をいただいたり受講成果を拝見させてください。モニター条件をご覧いただき、チャンレンジしたい♫楽しんでがんばりたい!という意欲のある方はぜひお申し込みください。人数限定ですのでおはやめにお申し込みください。

 

また、初回モニター参加での特典として、コースを最後まで終了していただいた方には、当サイトのオンラインヨーガ&メンタルコーチングの講座(コース終了より一年以内・50.000円以下のコース)の受講権を贈呈いたします!

 

 

 


コース案内

 

 ▪️レベル1:超入門コース

 

英語の勉強自体をこれからする、という方や、英語が苦手だけどヨガのティーチングを英語でやっていきたいという方を対象にしています。

 

<目標>

・ヨーガクラス内の基本動作を簡単な英語で言えるようにする!

・60分の英語ヨガのクラスを実施できるようになる!

 

<コンセプト>

・反復練習

とにかく繰り返し繰り返し口に出すことで、英語での発話に「慣れる」ことに専念します。

ヨガの動作を自分でもしながら英語で発話できるよう、考えなくても口から出てくるまで何度も繰り返し、体に染み込ませることを大事にします。

 

 

・シンプルに

難しい表現や、長い構文は使わずに、一番基本となるシンプルな表現を徹底的に覚えます。

 

・自信をつける

英語への苦手意識や人前で話す恥ずかしさを克服するために、大きな声で言えるように練習します。

 

 

<1週間の流れ>

(1)1日15分×週に5日ほどの音読練習

(2)週末など時間のとれる日に、60分から90分ほどのおさらい時間とる

(3)週末に音読練習の一部(指定のセンテンスの読み上げ)を録音していただき、メール添付で送信。

   録音と送信方法はいくつかのやり方がありますのでお申し込みの方に別途お伝えします。

   講師からアドバイスを返信いたします。

 

 

 

▪️コース内容と受講期間

 

 

 *オンライン受講日程*

 

<準備期間>

week0 英語を話す準備

お申し込み完了後、準備段階でのオススメ書籍(基本文法の書籍・別途購入)と、発音練習の動画をご紹介します。

week1の開始までを有効に使うために、学習のしかたやモチベーションの作り方などメールでフォローいたします。

はやめにお申し込みくだされば準備期間を長く取れます。

 

 

 

<本編スタート>コース開始:2018年5月20日(日)スタート 

week1 基本単語&発音練習  

単語:ヨガクラスで必要な基本的な単語を覚えます。体の部位や名称、基本動詞をおさえましょう。

表現:またヨガクラス内での呼吸も含めた体の動きに必要な、「基本動作」に関する英語表現を練習します。

 

week2 基本の表現

形容詞やイディオムを使って感覚的な事柄を言えるようにしましょう。

また、注意事項の言い回しや基本的な効果効能をつたえ、安全かつ心地よいクラス内容にできるようにします。

 

week3 アーサナの誘導

基本動作と基本表現で練習した内容を、実際のアーサナ誘導で練習してみましょう。 

前屈、後屈、側屈、ねじり、逆転など、工程が少なめの動作かつ難易度の高くないアーサナで反復練習してみます。

 

week4 ヨガクラスならではの英語

クラスをスタートさせる時の挨拶や声がけ、オープニングのスモールトーク、簡単な瞑想の誘導を、サンプルを使って練習します。 

 

week5 まとめと練習

ここまでインプットしたことを整理して、ご自身で30分程度のプログラムにまとめてみましょう。

頭で考えなくても自然と口から出てくるまで練習します。

また、実際のヨガのクラスを想定し、スタジオ内に通る声を出す練習、歩きながら話す練習などをして、

堂々と発話できる「度胸」も身につけましょう!

 

クラス発表

week5で練習していただいたものを合同セッションで発表してただき、コース終了となります。

修了書を発行いたします。

 

 

 *クラス発表のためのセッション日程*

2018年6月23日(土)

前半グループ13:00-15:30 5名ほど/ 後半グループ 16:00-18:30 5名ほど  

場所:都内研修会場 

最寄駅:JR大森駅より徒歩10分ほど(ご参加の方に直接お伝えします)

 

*上記日程に参加できないけれども参加したい方は、個別にご相談にのりますのでご連絡ください。

別日(有料)もしくはスカイプでの個人セッション(有料)などで対応いたします。(日程、人数に限りがありますことを御了承ください。)

 

 

 


モニター募集要項

◆オンライン受講期間

 2018年5月20日(日)week1スタート〜6月17日(日)week4終了

*クラス発表(対面セッション)

 2018年6月23日(土)

 前半グループ13:00-15:30 5名ほど/ 後半グループ16:00-18:30 5名ほど  

 

◆定員:モニター募集 12名 

 

◆受講料:オンライン&対面セッション 1ヶ月コース 

 通常価格100,000円

 ↓

人数限定モニター価格:55,000円 (2018年4月20日(金)24:00までにお申し込み)

  

 

◆モニター募集対象者

・このコースのご受講は女性限定とさせていただきます

・最後までがんばって受講しようという意欲のある方

 

 

・インターネットが使用できる環境で英語学習ができる方

 ご注意:毎日の練習はインターネット上の動画を見ながら行うかたちになりますので、通信が多くなると速度制限がかかる条件での受講はおすすめできません。また、PCでの閲覧がおすすめですが、速度制限がかからないようであればスマホでも受講可能です。

・クラス発表に参加できる方

・1日15分×週5日、週末など空いている日に、一回60〜90分ほど1週間の復習のための時間が取れる方

 

・ヨガティーチングレベル:日本語で基本的なヨガクラスを提供できるかた。目安:インストラクター歴1年以上。

 

・英語レベル:ビギナー

英語をこれから勉強したい、英語は久しぶりに学習する、苦手だけどやってみたい、自分でやろうと思ったけどうまくいかなかった、単語はわかるけれど文章にするのは難しい、中学レベルの英語を復習する必要がある方などが対象です。

*初歩の表現が中心なので、ある程度英語が話せる方やすでに英語で教えていらっしゃる方にはやや簡単すぎるかもしれません。

*モニター対象条件やレベルについてご質問のあるかたはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

 

◆こんな方におすすめ・・・

英語をこれから学びたい方

ヨガインストラクターとしてスキルの幅を広げたい方 

英語への希望はあるが何から勉強していいかわからない方

ひとりだと学習の継続が難しいという方

海外で、または海外の先生の英語のヨーガレッスンを受けたい方

 

 

◆プログラム監修&講師

企画・ヨガコンテンツ監修&ヨガ指導:師岡絵美里 

英語監修&指導:TOMOMI 

英語コンテンツ監修:Risa(シカゴ在住英語講師) 

  

講師

ヨーガ講師

師岡絵美里 EMIRI MOROKA

十代より様々なダンスに親しみ、モダン、ジャズダンス、アフリカ伝統舞踊を中心に習熟を積む。ニューヨーク、西アフリカにて舞踏を修習。ダンサー・コリオグラファーとして活動する。ダンス留学中、米国にてヨーガプラクティスに出会いスタート。2003年よりヨーガ指導者としての修習と道を開拓し現在に至る。現在はサンスクリットを学びながら、ヨーガを通じてインド思想・古典文献の哲学的思索と読解に努め、ヨーガを通じて啓蒙的活動を広める。

LAVA銀座グラッセ(QuanYoga)在籍。ヨガスタジオLAVAにてトレーナーとして若い人材の育成に従事。ダンサーとしても活動中。

その他の活動:イラスト作家・ダンス

好きなこと:陶芸、絵画、多言語学習・哲学研究

 

 

英語講師

TOMOMI

セラピスト・ヨーガティーチャー
10代でのアイルランド・ダブリンへのホームステイをきっかけに英語でのコミュニケーションに魅了され、英語での自己表現の楽しさに目覚める。カナダ・ヴィクトリア大学のサマープログラムに参加するなど、英語圏での生活や体験を重ね、社会人になってからも常に英語に触れられるよう、海外の方と交流や接客ができる環境を選ぶ。20代でオーラソーマに出会い、オーストラリア・ケアンズのVicki Engeham氏のもとでオーラソーマを学ぶ。同時にヨーガの道への探求も進み、2011年にオーストラリア・バイロンベイにて全米ヨガアライアンス200時間を取得。

現在はオーラソーマ、ヨーガ、マッサージ、全ての知恵をひとつにする道を模索しつつ、マッサージセラピストとして活躍中。ボディ、マインド、スピリットの全ての面での変容をサポートする。  

 

〜EMIRIからのメッセージ〜

語学の習得から得られる「誰かと話せる」「思いを伝えられる」という経験は一生ものの宝物ですね!言葉は話すためにあるものなので、その言語を使って人と関わることが一番のギフトだと思います。リラックスした雰囲気の中で英語を学んで、楽しむことで自分のものにしていってください。

 

〜TOMOMI先生からのメッセージ〜

私にとって英語は心を開いてくれる言語です。日本語では表現しずらい感情を英語はその音を通して、気持ちを言葉にのせることを可能にしてくれます。英語を勉強するのではなく、英語で「表現」していくことでよりオープンになっていきます。

 



人数限定モニター募集お申し込みフォーム(2018年4月20日(金)まで)

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


お問い合わせのみの方はこちらからお気軽にどうぞ♫

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です